クラブイベントのお話

お客さんじゃなく、DJとしてクラブへ足を運ぶことになりました。
緊張するので、少しだけ思い出やら思ってること書いて心を落ち着かせようと思います。
人は不安定になると気持ちを形として残しがち。

初めて参加したクラブは「あじぽん」という大そう気の抜けた名前のイベントでした。。UpZipPopcorn、略してあじぽん。ネットラップのクラブイベントです。僕はこれが最初でなかったら、その後二度とクラブ行ってなかったと思います

楽しいイベントでしたということです。

正直なところ、当時の僕は不安でした。
未成年ゆえお酒飲めず、ネットラップもあの頃は有名どころしか知らんわけですから。

クラブイベント経験してないオタク各位にアドバイスすると、最初は絶対友達と行ったほうが良いです。よく分からず数時間経って、よく分かんないままイベント終わってしまう可能性あり。マジ。
今でこそ、プリキュアソングが流れるとフロアがドン引きするくらい叫び散らすオタクの僕も、流石に最初は何が正解でどういったルールがあるのかすら分からなかったですよ。一人だと絶対不安。まぁ今でもよく分かってないんですが。

ワハハ。

僕の場合はイカおじのおかげで、その辺り大丈夫でした。
イカおじが、あの頃唯一リアルで話せるネッ友(死語)でしたので、フロアで不安になればやたら探しにいった記憶あります。Hazeさんがお酒飲むとこに基本いました。

あじぽん一番の衝撃は、NASTYさんというDJになります。
クラブハマった決定打、爆音で好きな曲聴くの最高って気付いた瞬間です。
ネットラップのイベントなのに、ホテルムーンサイド流したりアイカツの曲一杯流してました。
ただただ楽しかった。

クラブにハマった僕は、その後結構イベントに足運ぶようになります。pool大阪、アイカツアニon、みくるサマー辺りが印象深いです。
挙げたイベントで趣味バレてしまいますが、まぁバレたところでって感じは…ある。

なんでもそうですが、自分に突き刺さるジャンル見つけると狂ったようにハマっちゃいますね。
そう、例えるなら、かつ屋のかつ丼(梅)。

クラブいって良かったこと

・知らんかったアーティスト沢山知れる
・友達できる
・すごいなー思ってた人とお話しできる
・音楽サイコーてなる

悪いこと

・お酒好きになっちゃう
・オシャレなイベントはお客もオシャレなのでゲボ吐きそうになる
・散財しがち
・危ないお薬の話題あがって怖い

はい。

今からネガネガな発言しまーーーーーーす。
苦手な人は一番下までスクロールしてください。

えっと、僕は音楽好きだけど怖いこと嫌い。だから、極力怖い人と関わりたくない気持ちあります。
具体的には犯罪のニオイする人。お薬の話やめてーーーーーーてなる。更に同族嫌悪も激しいので、自分に似てる人(イキりオタク、自身の意見以外聞く耳持たない人、八方美人)も拒否してしまう。おしまい。

申し訳ないと思いつつ、仲良い友達がそういったタイプのヤベーやつと仲良いと、一瞬でごめんなさいリストに入れちゃう。

これはマジで悪い癖だとは思うんですけど治らないですね。しゃーない。

じゃあクラブ行くのやめろや。

って話なんですけど、それとこれとは完全に別なんですよね。
かつ屋でマリファナ吸ってる人いたら、そこには近づかないけど別店舗には行くし、かつ丼そのものを嫌いになるわけじゃない!・・・みたいな。

たとえが下手すぎる。

まぁ、、、ネットラップイベントよりアニクラ行ってる比率高いのはそういった理由があるのかもしれません。
水タバコですら無理久保NONO~~な陰キャなので。。。。

あ、ウジウジ気持ち悪いことばかり書いちゃいましたが、文化苦手なだけでラップは好きですよ。
鶏が卵産むとことか豚殺すシーン苦手だけど、料理そのものは好き・・・みたいな。

たとえが下手すぎる。

そういった中であじぽんは、比較的オタク寄りなネットラップイベントなので安心して参加できてる感じあります。

最初に書いた通り、僕はもうちょいしたらDJとしてクラブに足を運ぶことになります。
もうちょいってどれくらい?っていうと明日。土曜日。9月7日。
どんなイベントなの?って話なんですが、僕にとって色々思い入れのある「あじぽん」の番外編。
めちゃくちゃありがたいことです。

慣れ親しんでいるからこそ緊張してるんですが、1つでも皆の耳に残る曲を流せるプレイが出来ればなって思います。
頑張って頑張ります!

つらつら書いてはみたものの、緊張は無くならないし、そもそもの原因はDJとして何を流すかまだ決まり切ってないことって気付きました。

ばか!!!!!

共有すると僕が喜びます