ラッパーはブログを書くな

自分の心情とか過去の経験を曲にすべき人が、文字の段階でアウトプットするのは愚の骨頂です。

バカバカのアホ

なんか、最近そういう人増えましたよね。僕が認識し始めただけで以前から結構いたんでしょうか。

特にネットラッパーにだけは、ブログに手を出してほしくないですね。ストリート育ちのラッパーよりも幅広い曲が書けますから。アニソンラップアレンジなんて完全に独占ジャンルですよ。

オンリーワンな曲を作れるはずなのに有象無象な記事の1つになってしまうなんて勿体なさすぎすぎます。

ブログは。よくない。です。

お金がないからラップ以外でもメイクマネーの手段を作り始めてるんですかね笑

 

 

 

 

 

 

 

 

うるせーーーーーーーーーーーーーー

おはようございます。

なんしょうです。

いや~~~~~最近本当に曲出せてなくて申し訳ないです。

あの、その、ちょっとアレ(ブログ執筆)がコレ(曲作るより楽ちんすぎ)でして。。。

いや本当にダメ。ブログ怖い。
アウトプットが簡単すぎます。

例えば好きなアニメをオススメするとして、ブログと曲とじゃ完成する時間が全然違うんですよ。

曲として皆さんに伝えるとなったら、まずテーマに合いそうなトラック選びが準備としてあります。大体1時間くらいですかね。それから、リリックを考えます。これも1時間くらい、もう少しかかるかも。で、録音とmixに入ります。録音がうまくいけば10分くらい、mixも3時間あれば、ある程度納得できるレベルになります。この時点で5時間以上かかります。動画サイトに投稿となれば動画作成とエンコードで半日くらいになってしまうのではないでしょうか。

それに対してブログはどうでしょう。この前書いた「やがて君になるの記事」なんて執筆時間20分ですよ。なにせ、ブログで文考えるのって韻考えなくていいんですもの。表現が凄く直接的に出来ちゃって、筆が進みまくりです。

曲作るのアホらしくなってきた。

 

 

 

 

 

いや、流石にそれはヤバでしょ。

と、僕の中のアイデンティティが語りかけます。
まぁ、たしかに、これまで積み上げてきたインターネットラッパーなんしょうという存在をなかったことにしたくはありません。だからといって、ブログをやめますか。いや、それも違います。くだらん文章を作るのはなんやかんや楽しいです。

この葛藤から僕が導き出した結論は1つです。

ブログの価値をなくそう。

というイキサツで、僕のブログにはアフェリエイトなリンクや、スクロールで浮かんでくる広告がないんですね。

どれだけブログを書いてもお金にならないと分かっていれば、曲として自分を表現する。。。。はず。

まぁ、あと普通に広告あると見た目ダサくなりますからね。ついでに、元々ここってブログっていうより、僕のオフィシャルサイト()みたいなのを目指して作ってたんですよ。
結局曲も企画も出来なくて告知がゼロなわけですが、、、、

いや、ちゃんと曲の企画とかしてるんですよ。デレステのラップアレンジコラボとか。1度の作業でかかる時間が多すぎて手が付けられない状況なんです。

まとめ

心が死んじゃうので人は働かないほうがいい

共有すると僕が喜びます