こーどふりーく感想

このページを覗かれた方へ、先にお伝えします。
この記事はサイバーガジェットのゲーム改造ツールの記事ではございません。
CODE FREAKというクラブイベントのレポートとなります。
あらかじめご了承ください。

11月17日、CODE FREAKというネットラップのイベントがありました。

参加するかギリギリまで迷ったのですが、よくあるネットラップのイベントとは違って創意工夫をされているのが感じ取れたので主催のVulcanさんに取り置きをしてもらいました。
あ、以前僕が書いたWorldWideWordsというイベントの記事

わーるどわいどわーず感想

2018.08.07
を読んでくださった方なら理解されていると思いますが、自分の思ったことを取り繕わずに書き殴ります。ネットラップの偉い人に目を付けられてしまったので、ブログに関しては無敵の人かもしれません。(現実世界でボコボコにしないでください)

良いところ

  • 楽しんでる人いっぱい

イベントとして一番大事な部分だと思います。悪いところも後で書くつもりですが、結局のところコレが出来ているので誰がどう言おうとこのイベントは成功だと思います。

  • 出演者が素敵

ゲストの豪華さ、全体的なクオリティの高さ、的な部分も勿論あります。しかし何よりも、出演者さんが自分の出番以外で盛り上がっていたことが素敵だなと思いました。楽屋(?)みたいなところでずっと座ってるみたいな人はいなかったんじゃないかなーと。最前列で盛り上がってる人が多かった印象あります。

  • 企画に大失敗がない

スマブラ大会やイントロクイズなんていう、ネットラップイベント関係なしにああいった音楽イベントでの試みとしてはかなり珍しい企画をスムーズに運営できたのは相当事前の準備や進行に努力されていたのではないでしょうか。特にスマブラの実況なんて僕が任されたとしてもアワアワしてオシマイですから。ホントにすごい。イベントの企画を抱えている身として感動しました。

悪いところ

  • イベント名がカス

もっとポジティブなイメージのイベント名あったよなーって気がします。いや、こんな感情持ってるの僕だけかもなんで別にアレなんですが・・・。おそらくイベント名の元ネタって改造ツールですよね。ネットラップのイメージに合うかもしれないですけど、、、なんかなーって感じ。

  • スマブラ大会500円集める意味あった?

なんかCODE FREAK関係者のTwitterからスマブラ大会に関するツイート消えてるけど、なんか問題でもあったんですか?(僕が調べきれてないだけで実際残ってたらすいません)僕の記憶が正しければ人数調整の為みたいな感じだったと思ってます。えーって感じ。16人参加したから8000円の収益になったと思うんですけど、これで優勝賞品買う感じかもしれないですね。いやしらんけど。

  • ライブペイントが可哀想

メチャクチャ良い作品なだけに、よくわからんスペースでよくわからんまま作品が作られてよく分からんまま放置されてるのが可哀想。でした。ステージを前にして左の方(名札作成ブース)に結構スペースあったから、あっちで描けたら楽しいだろうなぁと思いました。ライブペイントを見たのが初めてなので毎回こんな感じだったらスイマセン。ただ作品が可哀想でした。


作者さんはノビノビ描けていたようなので、余計なお世話だったかもです。

  • 主催がハシャぎすぎ

限度があるなーって。自分の出番以外でマイクを持たないでほしいなって思いました。僕は、DJが一番の楽しみでした。で、いざ始まると急に主催の方が前に出てきて曲に声被せてくるじゃないですか。カラオケ大会か~~~~~~~いって思いました(普通に萎えた)綺麗に繋がる音楽を聞きたいのにノイズが入ってくる感じ。客がガヤで叫ぶのと主催が前に出て同じように叫ぶのでは意味合いが違うんですよね・・・。まぁそれでも楽しめてる人は楽しめてるんでしょうが。

まとめ

自分がイベントの主催として動く際は、自分が気持ちよくなるのではなく、来てくださった方が楽しんでくれることを第一に動いたほうが良い。
勿論、自分自身も楽しみますけどね。

追記

出演者の皆様を悪い気分にさせたら申し訳ないです。
僕に話しかけてくださった色々な方へ、お話できてとても嬉しかったです。

CODE FREAK関係者さんへ
お疲れ様でした。個人的に嫌だなぁと思う部分もありましたが全体的にいえば良いイベントだったと思ってます。

共有すると僕が喜びます